デザイン住宅でオシャレな暮らし【こだわりぬいたハイセンスな住宅】

House

おしゃれな家

これまでのデザイナーズ住宅の変遷について

Beauty House

デザイナーズ住宅は様々なこだわりがあるので費用も高くなる傾向にあります。そのため誰もが手掛けることができるものではないステータスを感じるものでもあります。 バブル期には贅を尽くしたデザイナーズ住宅も数多く見られたものですが、やがてバブル崩壊とともに姿を消すようになります。そのこだわりは外観などから住みやすさへ、そこでの生活のしやすい設計へと移ることになります。生活動線や収納の工夫など、建て売り住宅では得られない快適さを、デザイナーズ住宅は求めるようになったわけです。

今後の動向予測について

これからのデザイナーズ住宅に求められるものは、自然エネルギーを活かした家づくりと言えます。太陽光発電パネルはすでに多くの家に設置されるようになっていますが、給湯器に関してもエコキュートの普及が進められています。まだ高価なこの設備をデザイナーズ住宅に採用することによって、さらに無駄のない生活を実現できるようになるわけです。 それは、電力の自由化に伴い個人でも安い電力供給の契約を結ぶことにより、太陽光発電パネルとエコキュートの組み合わせによって、電気代をほとんど必要としない自然環境に優しい生活をすることができるわけです。まだ設備投資に費用のかかることから、デザイナーズ住宅に限定されてはいますが、これからの普及が望まれているものとなります。